検索


QRコード

qrcode

<< ハッピーファミリー 親子で作ろう!ダンボールの和太鼓 がありました | main | フォローアップ研修「幼児安全法」を行いました。 >>

手作りおもちゃ講習会がありました。

2017年08月13日(日)

8/3、館山総合高校2年生家政科の6人の生徒さんが来て、身近にある物を使った 手作りおもちゃ作りを教えて頂きました。

今回は「紙コップロケット」「ふくらむお化け」の2種類をそれぞれのテーブルに分かれて作成しました。

こども達は初めは高校生のお姉さんを目の前に恥ずかしそうにしながらも 目を輝かせて一生懸命に作っていました。

親子での物づくりの楽しい時間にもなったようです。

 

その時の様子

  ↓

 

 

★〜参加者の感想〜★

・動きのあるおもちゃは子供が好きなので、2つともよく考えて選ばれているなと思いました。1才の弟も喜んで遊んでいました。親と作るより お姉さんと作る、説明するより 一緒に作る、お子さんの年によってそうできるともっと良かったのでは?でも制作の流れをつかめるようにポスターがあったのは、ありがたかったです。

・今年から幼稚園に通うようになりモノ作りの楽しさをわかるようになった。この時期に、家でも手軽にできるような おもちゃ作りは本人もとても楽しくできたようで良かった。お姉さんのお話しを聞きながら制作するという過程はなかなかいい経験になったと思う。最後まで一生懸命作っている姿はなかなか家では見れないので良かった。

・お姉さん達が優しく教えてくれて、とても照れてしまっていましたが楽しく工作できました。なかなか触れ合う機会のない高校生の人達と関わることができて良かったです。

 

★〜生徒さんの感想〜★

・今日参加してみて、子供と触れ合ってみてわかることがたくさんありました。 接し方がわからなくてどうしたらいいかわかんなかったけど徐々に慣れていって、どう接したらいいかなどとても勉強になりました。私もすっごく緊張してしまって、最初はどうしたらいいかとかすっごくあたふたしてたけど最後は仲良くなれてとても良かったです。 教える側としては改善点がたくさんありました。説明は全員で分担するより全員がやれるようにしとかないといけないと思いました。また、もう少し大きな声で説明したりわかりやすくするようにしなきゃいけないと思いました。今回の体験でとても勉強になりました。

・お母さん達もみんな優しくしてくれたのでとても嬉しかったし、最後に子ども達が「教えてくれてありがとう」って言ってくれてとても嬉しかったです。もっと積極的に子どもと関われるようにしようと思いました。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリー: 他企画 |